信用のある人間になる

転職で給与が上がるか下がるか

転職をすることで給与が下がるといったことを心配する人もいれば、収入アップを考えて転職をするといった人もいるのです。これは、転職が収入と関係することは間違いのないところですが、実際には現在では成果主義というものがどんどんと浸透しているので、収入はその成果によって左右されるということを認識すべきです。単に初任給だけのことを考えて転職をどうこうと考えていては意味のないものとなるのです。特に新しい仕事場では成果を出すことを求められることが多いわけですから、大切なことは自分がその成果をだせる技術なり、信用なり、実績なりをもっているかどうかということです。給与などの待遇といったものは現代ではあまり重視しない方がいいともいえるのです。

仕事を変えることで信用は変わるのか

昔は仕事を変えるということをいいイメージでとらえる人が少なかったというのは事実です。仕事がきつくて楽な仕事を選んだのではないかというような考えがあったからです。ですが、最近ではそういった考えは少なくなっているといえるのです。むしろ、転職をすることが出来るということは、新しい仕事場でそれだけ気体をされているということの証明として、信用がアップするといった考えもあるのです。これは、どんどんと成果主義が進んでいるので、どこでも必要とされるような人でないと転職は出来ないといったようなことも考えられているからです。今後はさらに成果主義の時代となるでしょうから、転職が出来るようなスキルや信用といったものを持つことが求められることになりそうです。